e-onkyo 2016年10月度推薦作品

lindenbaum_0804

『Day Breaks (24bit/96kHz)』
ノラ・ジョーンズ

配信サイト推薦コメント

2002年にデビュー・アルバム『Come Away With Me』がグラミー賞主要4部門を含む8部門を受賞するなど衝撃のデビューを果たし、以来、名実ともに世界最高峰の女性アーティストとなったノラ・ジョーンズの最新作。
自宅のキッチンにあるピアノで制作を始めたというエピソードに倣ってか、録音についてはピアノは響き過ぎず、まさにノラの自宅で弾き語りを聴いているようなインティメイトな印象。CD版は、バンド全体を蛍光灯で照らしたかのような、いっぺんに全部見えてしまう感じでそれも悪くないのですが、ハイレゾ版では各楽器が織りなす陰影や間がより良く表現され、音楽全体に深みや奥行きを持たせることに成功していると思います。(e-onkyo music 黒澤)

配信日

2016年10月5日

配信ページ

http://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602547954435/

プロフィール

ノラ・ジョーンズ
1979年3月30日ニューヨーク生まれ、テキサス育ち。現在はニューヨークに在住。
☆ 母親の膨大なレコード・コレクションを聴いて育つ。5歳より教会の合唱団でヴォーカルを、7歳よりピアノを始める。
☆ ノース・テキサス大学でジャズ・ピアノを専攻。しかし1999年、一ヶ月だけのつもりで訪れたニューヨークにそのまま在住し、大学にはもどらず音楽活動を始める。
☆ まもなくジェシー・ハリス(「ドント・ノー・ホワイ」の作者)、リー・アレキサンダーらと自己のグループを結成。ブルース・ランドヴァルの目にとまり、ブルーノート・レコードと契約。
☆ 2002年2月26日、巨匠アリフ・マーディンのプロデュースでデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』(原題: Come Away With Me)をリリース。4月11日、国内盤リリース。3月16日付米ビルボードにてアルバム・チャートHOT200に初チャート・イン。
9月初来日公演、東京、大阪、名古屋、福岡、広島の全国を回る。東京国際フォーラム2日を初めとする7, 000枚のチケット即日完売させる。続いてヨーロッパ・ツアー、全12カ国で公演。
☆ 2003年1月25日付ビルボード、アルバム・チャートでついに1位を獲得! チャート・インより46週目にしての1位。以後3週連続で1位の座に。
2月 ロンドンで開催されたヨーロッパ最大の音楽賞、ブリット・アワードにて最優秀洋楽新人賞(International Breakthrough Act)を受賞。さらに、ニューヨークにて開催された第45回グラミー賞にてノミネートされていた主要4部門を含む8部門全てを受賞。主要4部門の独占は80年のクリストファー・クロス以来、史上2人目。8部門は99年のサンタナの9部門に続き、83年のマイケル・ジャクソンと並ぶ史上2位タイ。
2003年6月〜8月 北米54ヶ所を周るコンサート・ツアーを敢行。各地でチケットは即日完売。又、訪れる先々でのファースト・アルバム『ノラ・ジョーンズ』のアルバム・チャートが1位に。全世界で2000万枚を超えるセールスを記録。
☆ 2004年2月4日国内盤セカンド・アルバム『フィールズ・ライク・ホーム』をリリース(アメリカ2月9日)。米ビルボード初登場1位(6週連続)他、全16カ国で1位を獲得。全世界で1000万枚を超えるセールスを記録。
☆ 2004年〜2005年にかけ、全世界をツアーでまわる。日本では、2005年4月8日の 名古屋を皮切りに、日本武道館を含む6都市10回の公演を敢行。チケットは軒並み即日完売。
☆ 2005年2月 第47回グラミー賞にて「ベスト女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス」(「サンライズ」from『フィールズ・ライク・ホーム』)、「レコード・オブ・ザ・イヤー」、「ベスト・ポップ・コラボレーション・ウィズ・ヴォーカル」(「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」(レイ・チャールズ&ノラ・ジョーンズfrom『ジーニアス・ラヴ~永遠の愛』))の3部門を受賞。
☆ 2006年3月1日(アメリカ3月6日) リチャード・ジュリアン、リー・アレキサンダーらと結成したNY発の話題のバンド、リトル・ウィリーズのセルフタイトル・アルバム『リトル・ウィリーズ』をリリース。テキサスで育ったノラ・ジョーンズのルーツを感じさせるカントリー・ロックを収録。また、香港映画界の巨匠ウォン・カーワイ監督による初の英語映画「My Blueberry Nights」の主役に抜擢。脇を固める共演者として、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン等の演技派ぞろい。
☆ 2007年1月29日 3rdアルバム『ノット・トゥ・レイト』リリース (国内盤は1月24日リリース)。全曲、ノラ・ジョーンズ本人が手がけた本作品は全世界で29カ国・地域で1位を獲得した。
☆ 2008年3月「My Blueberry Nights」公開。ノラ自身も選曲に携わった『マイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンド・トラック』リリース。
☆ 2009年11月、2年10ヶ月ぶり、自身4作目のアルバム『ザ・フォール』をリリースし、全世界で500万枚を超える大ヒット。
☆ 2010年1月、3年ぶりに来日プロモーションを行い、一夜限りのライヴを行った。
☆デビュー10周年となる2012年、2年半ぶり5作目となるアルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』発売。スモーキー &ナチュラルな歌声に乗せた繊細かつ刺激に満ちた“愛し、傷ついた心”の短篇集。 今注目の奇才のグラミー・プロデューサー:デンジャー・マウスと組み、更に進化し続けている。

http://norahjones.jp/biography/