e-onkyo 2016年11月度推薦作品

lindenbaum_0804

『The Real Royal Albert Hall 1966 Concert (Live)(24bit/96kHz)』
Bob Dylan

配信サイト推薦コメント

Bob Dylanがノーベル文学賞を受賞した2016年、それに呼応するように発売されるのがこの作品。50年前の1966年5月26日、当時25歳のBob Dylanによる英ロイヤル・アルバート・ホールのライブ・パフォーマンスを収録した作品です。これまでマンチェスター公演が誤って『ロイヤル・アルバート・ホール』とされていましたが、CBSレコードがライブ・アルバム制作のために正式録音していた音源が初めてリリースされました。50年前とは思えないクリアな録音は特筆に値するでしょう。若き日のBob Dylanがハイレゾで現代に蘇ります。
(e-onkyo music 黒澤拓)

配信日

2016年11月23日

配信ページ(11月23日より配信開始)

http://www.e-onkyo.com/music/album/sme886446093031/

プロフィール

ボブ・ディラン
風に吹かれて、転がる石のように約半世紀・・・ロックの時代を作り、時代を変革し、様々な人々の人生に影響を与え続け、自ら進化し続ける“ロック界最重要アーティスト”ボブ・ディラン。
1941年5月24日、ミネソタ州デュルースで生誕。現在75歳。本名ロバート・アレン・ジンママン。1962年にアルバム『ボブ・ディラン』でデビュー。翌年、歴史的プロテスト・ソング「風に吹かれて」を含む『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』を発表。その後フォークからロックへの転換は物議を醸し、『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』『追憶のハイウェイ61』『ブロンド・オン・ブロンド』といった60年代を代表する歴史的名盤を発表。ロックの殿堂入り、グラミー賞、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞(主題歌賞)他、数多くの賞も受賞。

全世界アルバム・トータル・セールスは一億枚を超え、35作のオリジナル作品、ライヴやコンピレーションを合わせると60タイトルを超え、600曲以上の自作曲、そして世界中で2千回以上のライヴを行い、約50年間、半世紀にも渡って常に第一線で活躍している唯一のアーティスト。1982年には「ソングライターの殿堂」入り、1988年には「ロックの殿堂」入りを果たした。また「ライク・ア・ローリング・ストーン」は米ROLLING STONE誌にてロック史上最高のシングルに選定。2008年4月、音楽界では初めてとなるピューリッツァー賞(特別賞)を受賞。1990年にはフランスの芸術文化勲章、2000年にはスウェーデンのポーラー音楽賞を受賞したほか、セント・アンドルーズ大学(スコットランド)やプリンストン大学(米ニュージャージー州)をはじめとする数大学で博士号などを多数受賞している。2012年にはオバマ米大統領から文民最高位の「大統領自由勲章」授与。

『タイム・アウト・オブ・マインド』は1998年グラミー賞最優秀アルバム賞受賞。2001年、映画「ワンダー・ボーイズ」のための書き下ろし曲「シングス・ハヴ・チェンジド」ではゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞の両主題歌賞を受賞。また、2004年10月に出版された回想録「ボブ・ディラン自伝」(日本では2005年発売)は世界的なベストセラーとなり、ニューヨーク・タイムズ紙のベスト・セラー・リストにも19週間挙げられていた。2005年の映画『ノー・ディレクション・ホーム』、2008年、6人の豪華俳優がディランを演じる映画『アイム・ノット・ゼア』(ケイト・ブランシェッドはゴールデン・グローブ賞を受賞)と錚々たる面々がディランをカヴァーしたそのサントラ盤など新しいイメージで大きな話題を呼んだ。

2010年3月には通算6度目となる来日公演。2012年『テンペスト』発表。2014年3月~4月にかけて再び来日。通算7度目の来日公演が行なわれる。2015年1月最新作『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』発表。2016年4月通算8度目となる日本ツアーはライヴハウスではなくホールでの公演となった。来日記念盤として3月にアナログ盤「メランコリー・ムード」、4月に『DYLAN Revisited』を発売。5月『フォールン・エンジェルズ』発表。

2016年5月24日で75歳となった、ロックの神様ディラン。今でも世界各地で年間100ヶ所以上のライヴ・ツアーを行い、それはファンの間で“NEVER ENDING TOUR”と呼ばれている。2016年4月の横浜公演は日本通算100回目のライヴとなった。

正式な発表はなされていないが、ここ10数年以上ノーベル文学賞にノミネートされ続け、毎年最有力候補の一人として話題を呼んでいる。

http://bobdylan.com/