mora 2016年5月度推薦作品

『I Still Do(24bit/192kHz)』
Eric Clapton

配信サイト推薦コメント

クラプトン通算23作目は、あのグリン・ジョーンズを久々に迎えて制作された原点回帰志向のアルバム。豪華サポート陣の滋味溢れる演奏もハイレゾでは輪郭が鮮明になり、より立体的に聴こえる。
(mora一志順夫)

配信日

2016年5月20日

配信ページ

http://mora.jp/package/43000006/00602547863638/

プロフィール

Eric Clapton
1945年イギリス、サーレー州リプリー生まれ。
幼い頃から独学でギターを身につけ、63年にヤードバーズに加入。
66年にジャック・ブルース(b)、ジンジャー・ベイカー(dr)とクリームを結成。
69年にはスティーヴ・ウィンウッドらとブラインド・フェイスを結成。
70年に初のソロ・アルバム制作をはさみ、続いてデレク&ザ・ドミノスを結成し、歴史的名盤『レイラ』を世に送り出した。
74年、アルバム『461 オーシャン・ブールヴァード』を発表。当時はまだほとんど知られていなかったボブ・マーリィの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をカバーして全米1位に送り込んだ。
77年、「ワンダフル・トゥナイト」収録の『スローハンド』を発表。
81年にワーナーに移籍。89年のアルバム『ジャーニーマン』収録の「バッド・ラヴ」によって、個人として初のグラミー賞を獲得。
92年、息子を失った悲しみから立ち直る過程で書かれた「ティアーズ・イン・ヘヴン」を映画『ラッシュ』のサウンドトラックとして発表。
この曲を含めて新旧の代表的作品を演奏した『MTVアンプラグド』がアルバム化され、驚異的なヒットを記録、6つのグラミーを獲得。
97年、映画『フェノミナン』のために吹き込んだ「チェンジ・ザ・ワールド」が世界的ヒット。第39回グラミー賞で年間最優秀レコードに選ばれる。
98年、ベスト・アルバム『Best Of』を発表し、日本でもミリオン・ヒットを記録。
2000年以降も、精力的に活躍。

http://wmg.jp/artist/ec