HD-Music 2016年8月度推薦作品

『Triad (24bit/96kHz)』
高橋真梨子

配信サイト推薦コメント

“芸能生活50周年”を迎え、オリジナル・アルバム全30作品のハイレゾ配信を進めている橋真梨子の作品から、大ヒット曲「桃色吐息」を収録した、1984年リリース作品『Triad』をピックアップ。本作は、レコード大賞が新設したアルバム大賞の記念すべき第一回目受賞作で、ソロシンガーとしての高橋真梨子の名を広めた代表作でもあります。「桃色吐息」や本人作詞による「祥寺クィーン」のような陰りと緊張感あるポップスアレンジの楽曲も光りますが、一方の代表曲である「for you・・・」に通じるラストナンバー「HEART」の壮大なバラードでの歌声が、ハイレゾではより深く広い響きとなって心に沁みてきます。(HD-Music.遠藤)

配信日

2016年8月1日

他のサービスで現在配信中のページ

e-onkyo music配信ページ
groovers配信ページ
mora配信ページ
レコチョク配信ページ

プロフィール

高橋真梨子
ジャズプレイヤーだった父親の影響で、14歳からジャズの勉強を始める。1972年、ペドロ&カプリシャスの2代目ヴォーカリストとしてデビューし、1973年、「ジョニィへの伝言」が大ヒットする。その後「五番街のマリーへ」「陽かげりの街」などのヒットをとばす。
1978年、ペドロ&カプリシャスを離れ「あなたの空を翔びたい」でソロデビュー。
1982年発売のシングル「for you…」が第11回東京音楽祭世界大会にて金賞を受賞しロングヒット。 1984年発売のシングル「桃色吐息」が大ヒット、アルバム「Triad」が第26回日本レコード大賞第1回アルバム大賞を受賞し、人気を不動のものにする。 以降ソロとして、シングル38枚/オリジナル・アルバム31枚/カヴァー・アルバム6枚/企画アルバム約30枚強を発表。
1993年にニューヨークのCARNEGIE HALL大ホール公演、1994年にロンドンのROYAL ALBERT HALL公演、 1997年に香港CONVENTION&EXHIBITION CENTRE GRAND HALL公演を大成功させ、 2008年に迎えたレコードデビュー35周年には、日本人初となる2度目のCARNEGIE HALL大ホール公演を行い話題となった。

2014年7月に行われたフェスティバルホール公演をもって、ソロ・コンサート総動員数650万人を達成。全国ソロ・コンサートツアーそのものは、1979年6月10日有楽町の読売ホールで行われた1st tour“ひとりあるき”以来、今年で38年連続40回目(*)の大規模ツアーとなる。

*1979年/1981年/1982年は、年に2回の全国ツアー。1997年~1998年は2年にまたがるロングツアー実施。

http://www.the-musix.com/