HD-Music 2016年6月度推薦作品

『レイモン・ルフェーヴル・ハイレゾ・ベスト (24bit/192kHz)』
レイモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ

配信サイト推薦コメント

イージーリスニング界の第一人者、レイモン・ルフェーヴルのハイレゾ・ベストアルバム。“イージーリスニング”というジャンルは、BGMのイメージが強いですが、1960〜70年代にはヒットチャートにもランクインする人気ジャンルでした。彼の代表曲「シバの女王」は、オールドファンには、ラジオの人気深夜番組「白石冬美・野沢那智のパック・イン・ミュージック」のエンディングテーマとしても知られています。本作は、彼が残した膨大なカタログから代表曲を厳選、オリジナル・アナログテープから24bit/192kHzのハイレゾ音源としてデジタル化した、まさにハイレゾ・ベストと言うべき一枚。イージーリスニングの特徴である華麗なストリングの音色が、ハイレゾ音源により奥行と広がりをもってより煌びやかに奏でられます。(HD-Music.遠藤)

配信日

2016年6月29日

他のサービスで現在配信中のページ

e-onkyo music配信ページ
groovers配信ページ
mora配信ページ
レコチョク配信ページ

プロフィール

レイモン・ルフェーヴル
レイモン・ルフェーヴルは1929年に北フランス・カレーで生まれました。子供の頃の夢だった“クラシック音楽家”は、青年期に出会ったジャズ音楽の前に消え去り、50年からジャズ・ピアニストになりました。アメリカなどの公演で自分の音楽観をひとまわり大きくしたところで56年に自分の楽団を発足させたのでした。当初はダリダをはじめとする歌手のバック・バンドが主たる仕事でしたが、60年代に入って自分のレコーディングも行うようになり、「バラ色の心」「シバの女王」などのヒット曲を看板にレイモン・ルフェーヴル・オーケストラは、ムード音楽界の中心として世界的な活動を初め、21世紀の今日にいたっています。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A002476.html