e-onkyo 2016年9月度推薦作品

lindenbaum_0804

『Dimensions (24bit/192kHz)』
Yuki Arimasa

配信サイト推薦コメント

“サラウンド将軍”の異名を持つ、日本レコーディング業界の重鎮、Mick沢口氏プロデュースによるUNAMASレーベルからリリースされた本作。素晴らしい響きを持つことで知られる軽井沢大賀ホールにて収録が行われ、最新鋭の機材と技術を駆使した最高級のサウンドクオリティに仕上がっています。演奏は、長きに渡りアメリカの名門「バークリー音楽大学」のピアノ科助教授として教鞭をとってきた経歴を持つピアニスト、ユキ アリマサ。センスの良いリハーモナイズで「J.S.バッハ:カンタータ 第147番」といった耳なじみのあるクラシックの旋律が斬新に生まれ変わります。(e-onkyo music 黒澤拓)

配信日

2016年6月17日

配信ページ

http://www.e-onkyo.com/music/album/unahq2010/

プロフィール

Yuki Arimasa
1961年東京生まれ。 3歳よりピアノを習い始め12歳でジャズピアニスト、オスカーピーターソンの演奏を聴き、Jazzに魅了され以降独学で勉強を始める。 1983年玉川大学英文科卒業後渡米、バークリー音楽大学でピアノ、作編曲を学ぶ。在学中はピアニスト/アレンジャーとしてハンクジョーンズ賞、デュークエリントン賞を受賞。 1986年卒業後バークリー大学ピアノ科助教授として指導にあたる。同年、初リーダーアルバム「Bitter Life of Scarecrow」の制作を機にアメリカ国内外の数々のアーティスト、ジャズグループと共に、ピアニスト/アレンジャー/コンポーザーとしてアルバム制作、演奏活動を続ける。その繊細でイマジネーションに溢れるソロやアレンジはボストングローブ紙、ボストンヘラルド紙でも好評を博す。 Boston Herald, “Yuki Arimasa is a sensitive accompanist and expressive, imaginative soloist”, Boston Globe, “Arimasa’s arrangement received the strongest applause”. 1996年に15年間の在米生活後帰国。 原大力(Drums)、佐藤ハチ恭彦(Bass)からなるユキ・アリマサトリオを結成し「Tell Me Where The Music Is」を発表。以降、音楽プロデューサー/アレンジャーとして日本の数々のジャズアーティストのアルバム制作に参加。近年は、ソロピアノ、デュエットと多彩な表現に取り組んでいる。2011年にソロアルバム「Forest」をリリース。2012年よりTPT原朋直とデュエットプロジェクトを始動し、オリジナル作品集「Vol.One」、スタンダード集「The Days of Wine and Roses」をリリース。最新作は2016年にリリースされた、クラシックの楽曲を即興演奏の素材にしたソロアルバム、「Dimensions」 また、2000年より洗足学園音楽大学ジャズコース教授として、ジャズソルフェージュを開設し、横浜芸術文化財団主催の小学生向けジャズ講座や中高生のBig Band指導など、後進の育成にも注力している。2016年には一般社団法人Artist Greenを設立。アジアをはじめ、各国の音楽家同士のコミュニケーションや教育目的のワークショップなど芸術振興に携わる法人として活動を開始した。

http://www.yukiarimasa.com/jp/