2017年2月度最優秀ハイレゾ音源大賞作品

01_rbe

『シンドローム(24bit/96kHz)』
鬼束ちひろ

配信日

2017年2月1日

他のサービスで現在配信中のページ

e-onkyo music配信ページ
groovers配信ページ
mora配信ページ

のん

%e5%9d%82%e6%9c%ac%e9%be%8d%e4%b8%80%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%99

 

2017年2月各社ハイレゾ推薦作品

クラシカル・サックス史上世界初のDSD5.6MHz一発収録した美メロ・クラシック名曲集。世界的クラシカル・サックス奏者・大城正司が、ピアノ伴奏の西川幾子と絶妙なコンビネーションで全16曲をすべて一発録りした傑作。

>> 続きを読む

lindenbaum_0804

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』のハイレゾ配信がスタート。3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、まさにネクスト・レベルへ、その勢いはとどまるところを知らない!

>> 続きを読む

【配信ページ】
http://ototoy.jp/_/default/p/70617

「サブリナ」の鮮烈デビューから5年、家入レオのヒット曲がハイレゾで勢揃いした。過去作品を改めてハイレゾ音源で聴き直してみると、ギター・ピアノ・ストリングスという、生っぽい楽器を主体とした瑞々しいサウンドの存在感が、鮮烈に耳に突き刺さって来る。

>> 続きを読む

 

_8104050

──のんさんは普段ダウンロードサービスを使ったりしますか?

のん : iPhoneに変えてからiTunesを使ってます。お休みの日は家でDVDプレイヤーにCDを入れてテレビで聴いたり、パソコンで聴いたり。

──好きなバンドやアーティストはいますか?

のん : シンディ・ローパーが好きです。パワフルで、女の子の突き抜けた感じがあるのが格好良い。あと矢野顕子さん。すごいファンです。最近だとレベッカさんとかも聴いています。チームのんのスタッフがおすすめしてくれて、「プライベイト・ヒロイン」とか明るい曲が好きですね。あとコトリンゴさんは大好きです。ハイレゾで聴きたい!

──わかりました。今回のセレクトとは別ですが、ぜひコトリンゴさんの楽曲をのちほど聴いていただければと思います。のんさんはハイレゾってご存知でしたか?

のん : 知らなかったです。ハイ…… ハイクオリティの…… レゾ?

──レゾ(笑)。high-resolution、いわゆる”良い音”ですね。高解像度って言い方がわかりやすいかな。映像でも解像度が高いものってあるじゃないですか。ああいうイメージです。

のん : へえ、すごい!

──今まではCDの規格に情報を詰め込んでたんですけど、時代が進んでいく中で、もっとたくさんの情報量を詰め込めるようになった。例えばギターをバーンと鳴らしたときに、その場で鳴ってる音はすごくいいのに、CDにすることでお客さんに届くまでの間に削ぎ落とされてしまう音があるんです。それを出来るだけそのまま伝えたいということで、ハイレゾが広まってきたんですよね。そのほうが音楽を作る人が伝えたい音なんじゃないかって。

のん : なるほど。素敵ですね。

──のんさんもギターを弾くんですよね?

のん : はい。地元はすごく田舎なんですけど、楽器をいっぱい揃えた場所があったんです。ギターやベースやドラムが置いてあって、子供が楽器を始めるきっかけになればってことで全部無料で触れて。小学6年生のときに友達にそこに連れていってもらってギターをはじめました。そこで友達とバンドを組んだりして。この間撮影で久しぶりに地元に帰って、管理してたおじさんに会ってきたんですけど、いまは場所を移してやってるみたいです。空き家を改築して。パワフルな方で、相変わらずお元気そうで嬉しかったです。

──そこは自由に使えたんですか?

のん : 使用時間を申請したら楽器は勝手に使えました。私は高校生のときに上京したんですけど、地元に帰るたびにその場所に行って練習してましたね。場所を代えてからは初めて行ったのですが、ショーウインドウみたいなところに日時とともにパソコン教室、井戸端会議、ギター教室とか書いてあって。「井戸端会議タイムがある!」と面白かったです。

_8104204

──! 井戸端会議が申し込めたってことですか?

のん : はい、木曜日に(笑)。井戸端会議の末セッションしたりしてるんですかね?セッションという名の井戸端会議。

──ははは(笑)。もしセッションを井戸端会議って書いてたならすごいセンスですね。

のん : 楽器で会話するってことですかね。

──ではそろそろ音源を聞いてみましょうか。まず同じ楽曲で、mp3とハイレゾだと何が違うのか聴き比べてみましょう。

のん : わあ、楽しみ。よろしくお願いします!

■試聴■
MP3と24bit/96KHz音源を聴き比べ

──どうですか?

のん : すごい!違いますね。ドラムのリズムがスッと聞こえてきました。生っぽいというか、音の粒が際立ってる感じがしました。

──それでは選出5作品を聞いていただきます。こんな環境なので仰々しいですけど、そこまでハイレゾであることにこだわらなくても大丈夫です。音が良いっていうのもひとつの要素にしてもらって、自分の好みやイメージを総合して一番気に入ったものを選んでもらえたら。

のん : はい。わかりました。

_8104179

■試聴■
●試聴順(1巡目)
1. 家入レオ「サブリナ」
2. 鬼束ちひろ「good bye my love」
3. 水曜日のカンパネラ「一休さん」
4. サラ・オレイン「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
5. 大城正司「ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女」
●試聴順(2巡目)
6. 大城正司「エルガー:夜の歌」
7. サラ・オレイン「Hallelujah」
8. 水曜日のカンパネラ「カメハメハ大王」
9. 鬼束ちひろ「弦葬曲」
10. 家入レオ「君がくれた夏」

_8104191

──通り聴いてみていかがでしたか?

のん : すっごい楽しかったです。やっぱり歌が入ってると、伸ばしてる声がなめらかになってるのを感じられますね。なめらかさがある美しい声や音を聴きたいんだったら、大城正司『ロマンティック・サックス』のサックスの音とか、サラ・オレインさんの歌声とかいいですよね。サラ・オレインさんのはもう本当にコンサートに来てるみたいに鮮明に聞こえるから、「そこで歌ってるのを見たい!」ってもどかしくなりました。あと、息の音や歌い終わりが鮮明に聞こえたり、ドラムのスティックやピックの音まで聞こえるのがすごくいいなと思いました。鬼束ちひろさんの声のカツンってなる音が気持ちよかったです。憧れる余白があるというか、ライブに行きたい!っていう憧れを持てますね。

──家入レオさんは?

のん : 家入さんはバラードの「君がくれた夏」が素敵でした。はあ〜ってほぐれる感じがして。伸びやかな声が聞こえる方がハイレゾにあってるんだなと思いましたね。1曲目はバンドサウンドだったので、もっとゴリゴリで聞いてみたい。

──水曜日のカンパネラは?

のん : 「カメハメハ大王」、めっちゃ格好良かったです。ハイレゾだとよりリズムがストンと入ってくるので、水曜日のカンパネラさんをハイレゾで聴けるのって素敵だなと思いました。

──1曲選ぶならどれですか?

のん : 「カメハメハ大王」が格好良くてしびれたんですけど、私がおすすめしてもピンとこないかな。どうしよう、難しいな。もどかしさに耐えながらそこにいる感覚を味わうならサラ・オレインさん、憧れを募らせるなら鬼束さん。うーん…… 鬼束さんですね。ギターのピックの音が聴こえたり、鬼束さんのパワーのある声がたまらなかったです。

──ありがとうございます。では2月のハイレゾ音源大賞は鬼束ちひろ『シンドローム』に決定です。最後にコトリンゴさんの劇場アニメ『この世界の片隅に』オリジナルサウンドトラックのハイレゾも聴いてみましょう。

のん : 絶対にハイレゾが合う気がします。

_8104133

──毎日映画コンクールの授賞式でコトリンゴさんの生演奏をご覧になってるんですよね。いかがでしたか?

のん : すごくよかったです。私と監督がステージで座って待ってて、コトリンゴさんが後から登場してきて演奏を始める流れだったんですけど、私と監督の前を通ると客席から遮ってしまうっていうのを気にされてたのか、楽譜を持ちながら素早く跳ねて通りすぎていったんです。チャーミングな方だなと思ってたら、座るやいなや「ダーン!」と演奏を始められて、しびれました。すごい刺激的で格好良かったです。

■試聴■
コトリンゴ「みぎてのうた」

のん : めちゃくちゃ良いですね。素晴らしい…。この間生で聴けたのが「悲しくてやりきれない」と「たんぽぽ」だけだったので、この歌は聴けていないんですが、みぎてのうたの展開があちこちに行くのが好きなんです。ラストに向けて、すごく悲しいことが起きてる中でも明日に向かって暮らしていくぞっていう意思が感じられて。

──『この世界の片隅に』の重要な部分を担っていますよね。

のん : コトリンゴさんは、『この世界の片隅に』の日常や暮らしをすごく丁寧に描いてる部分に気をつけてたみたいで、それが歌にもにじみ出てて、映像やすずさんと一体化してるなと思います。コトリンゴさんの曲が流れた瞬間に、映画の中の景色が直接流れ込んでくるような感じがしますし、こういうハイレゾが聴ける環境で聴くと、より体に染み入るような感じがして素敵でした。

_8104238

 

(Interview by 飯田仁一郎 / Photo by 大橋祐希)

■今回、のんが選出に使用したリスング環境(ONKYO視聴室にて)■

スピーカー
ONKYO “Scepter” SC-3(B)

sc3main1

http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/speaker/sc3/

プリアンプ
ONKYO P-3000R(S)

p3000r_main

http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/audiocompornent/p3000r/index.htm

パワーアンプ
ONKYO M-5000R(S)

m5000r_main

http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/audiocompornent/m5000r/index.htm

USB DAC
Pioneer U05

lineup_products01

http://jp.pioneer-audiovisual.com/components/usb_dac/u-05/

 

ページトップの写真で、のんが使用している機材
プレイヤー
SONY NW-A37HN

NW-A30_P

http://www.sony.jp/walkman/products/NW-A30_series/

ヘッドホン
SONY h.ear on (MDR-100A)

MDR-100A_R

http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-100A/

プロフィール

のん

女優・創作あーちすと
93年兵庫県生まれ
趣味・特技 ギター 絵を描くこと 洋服作り
「この世界の片隅に」主演すずの声を担当

第38回ヨコハマ映画祭 審査員特別賞
第31回高崎映画祭 ホリゾント賞
2016年度日本インターネット映画大賞
日本映画部門最優秀女優賞、ベストインパクト賞
Best10Cinemas in Sapporo 2016 特別賞
「この世界の片隅に」現在全国上映中

LINE Creators Stamp AWARD 2016 芸能人特別賞
LINE LIVE OF THE YEAR 2016 話題賞
LINE BLOG OF THE YEAR 2016 話題賞

隔週月曜日21時~ LINE LIVEにてのんチャンネル放送中

公式LINEブログ: http://lineblog.me/non_official/
女優のん公式HP: https://nondesu.jp/