mora 2017年4月度推薦作品

『ロータスの伝説 (完全版)(DSD 2.8MHz)』
サンタナ

配信サイト推薦コメント

4月の来日公演にあわせ44年ぶりに復活した、カルロス・サンタナの初来日公演の模様を収めた『ロータスの伝説』(’74年発表)。今回の完全版では、当時アナログレコードで収録しきれなかった未公開トラック7曲も追加され、当時演奏された全曲目がここに初めて揃いました。74年当時、横尾忠則氏が空前絶後の“22面体ジャケット”を手掛けるなど企画から録音、写真、デザインなどレコード制作に必要な全てを日本人が手掛けたファンにとっても特別な意味をもつこの作品。今回の44年ぶりのリマスターもまた、数々の名盤を手掛けてきた鈴木智雄氏が手掛け、74年以降一度も使用されることのなかったアナログ・マルチテープからあらためてミックスダウンされています。第一絶頂期にあったサンタナの凄まじい演奏と、それを最高の音で残した日本人エンジニアの高い録音技術の結晶。ライブアルバムの金字塔が世界のサンタナ・ファンが驚愕すること必至の”究極のロータス”が、ここに再び蘇りました。(mora 黒澤拓)

配信日

2017年4月19日

配信ページ

http://mora.jp/package/43000001/4547366308297/

プロフィール

サンタナ
ラテン・ロックの祖、情念のギタリストとも呼ばれるカルロス・サンタナは1960年代にサンフランシスコでブルース・ロック・バンドの活動を開始。やがてバンド名をサンタナと名乗り69年にデビュー、ブルース・ロックにラテン音楽の要素を融合して独自の音楽性を確立した。70年代にはスピリチュアルな活動に傾倒、以後は彼のソロ・プロジェクト的活動に。地道な活動の後、99年に久々の大ヒット『スーパーナチュラル』で劇的復活を遂げた。

http://www.sonymusic.co.jp/artist/santana/