レコチョク 2017年5月度推薦作品

lindenbaum_0804

『OK(24bit/96kHz)』
RCサクセション

配信サイト推薦コメント

1983年ハワイで録音されたRCサクセション中期の傑作。ビンテージ海外機材で録音されたこの作品のアナログマスターは、デジタル録音のように周波数やビットレートに限界がなく、ハイレゾ素材にはまさに最適。そのマスターからリマスターされたハイレゾは、力強い芯があるのに耳当たりが心地良い。さらに、リアルなヴォーカルとザクッとしたギター、ふくよかで締まったベースとドラムが生み出す立体的な定位感は、まるで高音質レコードのようだ。このハイレゾ、清志郎にも聴いてほしかった…。(レコチョク 実川 聡)

配信日

2017年5月3日

配信ページ

http://recochoku.jp/album/A1006910315/

プロフィール

RCサクセション
1969年に忌野清志郎、小林和夫、破廉ケンチの3人で結成され、70年にデビュー。「僕の好きな先生」をヒットさせるが、独特なスタイルはフォーク全盛時には一般受けしなかった。78年に仲井戸麗市らが参加、R&B/ブルースを下敷きにしたストレートなロック・サウンドがライヴで評判を呼ぶ。80年以降になると商業的にも成功を収め、日本一のロック・バンドと呼ばれるまでに成長。90年代に入りバンドは活動を停止するが、メンバーがみせたロック・スピリッツは後進の日本のアーティストたちに多大な影響を与え続けた。復活を待つ声が途絶えない中、2009年5月2日に忌野清志郎が58歳で他界。

http://www.universal-music.co.jp/rc-succession/