レコチョク 2017年6月度推薦作品

lindenbaum_0804

『All Time Best ハタモトヒロ(24bit/48kHz)』
秦 基博

配信サイト推薦コメント

洗練されたリズムと和音で構成されている秦 基博の楽曲には、ちょっと大人なAOR感が漂う。質の高いナチュラルな録音からも、若者だけに向けた音楽ではないことがよくわかる。だからこそ、彼の作品はハイレゾで聴いてほしい。繊細なリズムのグルーヴと豊かな倍音の響きをバックに彼の歌を聴いていると、聴きなれた名曲たちにも全く新しい世界が聴こえてくるから不思議だ。やはり、アダルト・コンテンポラリーなサウンドにはハイレゾが似合う!
(レコチョク 実川 聡)

配信日

2017年6月14日

配信ページ

http://recochoku.jp/album/A1007421013/

プロフィール

秦 基博
1980年10月11日、宮崎県日南市生まれ、神奈川県横浜市出身のシンガー・ソングライター。胸に響く感動的なヴォーカルとアコースティック・ギターを軸とするサウンド作りが特徴。99年より弾き語りライヴを展開し、2006年にシングル「シンクロ」でメジャー・デビュー。以降、コンスタントに作品を発表し、着実にファン層を拡大。2009年には単独としては自身初の日本武道館公演を達成。2014年の弾き語りベスト『evergreen』は日本レコード大賞企画賞を受賞。2016年までにオリジナル・アルバム5枚を発表。2017年6月にデビュー10周年記念ベスト『All Time Best ハタモトヒロ』をリリース。

http://www.office-augusta.com/hata/