e-onkyo 2017年6月度推薦作品

lindenbaum_0804

『月の光~リサイタル・ピース第1集(24bit/96kHz)』
反田恭平

配信サイト推薦コメント

2015年に鮮烈なデビューを果たした若き革命児。ピアニスト、反田恭平によるニューアルバム。今夏行われるツアーと連動した作品で、ツアーにて演奏される予定のラヴェルやドビュッシー、そしてショパンによる楽曲を収録。若さゆえ大胆さにフォーカスされる事が多いが、今作ではさらに磨きのかかった美麗な演奏が特に印象的です。 (e-onkyo music 祐成秀信)。

配信日

2017年6月21日

配信ページ

http://www.e-onkyo.com/music/album/cokm40122/

プロフィール

反田恭平
1994年生まれ 2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞(高校生での優勝は11年ぶり、併せて聴衆賞を受賞)、毎日新聞社主催による全国ツアーで好評を博す。2013年、桐朋学園大学音楽学部に入学するも、同年9月M.ヴォスクレセンスキー氏の推薦によりロシアへ留学。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。
2015年5月「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。
同年7月、デビューアルバム「リスト」を日本コロムビアより発売。
9月には、東京フィルハーモニー交響楽団定期への異例の大抜擢を受け、ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 を熱演し、満員の会場で大きな反響を呼んだ。12月には「ロシア国際音楽祭」にてマリインスキー劇場管弦楽団とのコンチェルトと、リサイタルでマリインスキー劇場デビューを果たす。
2016年1月のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。
7月にはトリノで、Aバッティストーニ指揮RAI国立交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第2番のセッション録音を行い、11月に発売の予定。
8月の3夜連続コンサートをすべて違うプログラムで行い、各日コンサートの前半部分をライブ収録しその日のうちに持ちかえるというCD付きプログラムも話題になる。 また、このチケットは、一般発売当日に完売し、3日間の追加公演を行うなど、もっとも勢いのあるピアニストとして注目されている。
現在、M.ヴォスクレセンスキー、S.・クドリャコフ、A.ガマレイ各氏に師事し、 ロシアを拠点にし、国内外にて演奏活動を意欲的に行っている。

http://soritakyohei.com/