mysound 2017年8月度推薦作品

『forget me not(24bit/96kHz)』
南壽あさ子

配信サイト推薦コメント

郷愁を感じさせる透明感ある声が評価され、数々の企業CMに楽曲が起用されているシンガーソングライター南壽(なす)あさ子の2ndアルバム。「flola」以外は初の本人プロデュース作品で、坂田学、伊賀航、鈴木茂などの実力派ミュージシャンが参加。昨年夏、ロサンゼルスで経験したボーカル・レコーディングとMIX体験が、彼女の音づくりへのこだわの原点。
ストリングスアレンジが施された壮大な楽曲もあれば、声を楽器の1つとみたてるべく、ボーカルのリバーブを極限まで減らしミニマルな構成でつくりあげた作品も。ぜひハイレゾで再生し、各楽器の一粒一粒の細かい音のニュアンス、彼女の透明感あふれるうた声と息づかい、演奏中の空気感などを余すことなく体験してもらいたい。また、ハイレゾ音源で聴くことにより、歌詞が一層クリアに聴こえてくるので、南壽あさ子のもう一つの魅力であるノスタルジックな詞世界がよりリアルに感じられるはず!(mysound野口)

配信日

2017年8月9日

配信ページ

http://mysound.jp/hires-album/173939/

プロフィール

南壽あさ子
1989.3.6生まれ 魚座 A型

物心つく前から歌うことに心奪われた彼女は二十歳になり本格的に作曲活動をはじめる。
2012年6月に「フランネル」でインディーズデビュー。
風景画家の祖父や70年代の音楽に影響を受けながら独自の世界観を生み出すその作風は、だれもが何処か懐かしい情景や心象風景を思い起こし、その透明感あふれる唄声とシンプルなピアノによっておおくの人の心を掴んで離さない。
2013年10月「わたしのノスタルジア」でメジャーデビューを果たす。この曲が全国ラジオパワープレイを40局以上獲得し、この月の邦楽・洋楽OA回数1位となる。
2015年6月10日には待望のメジャーでのファースト・アルバム『Panorama』をリリースし、自身二度目の47都道府県ツアーを敢行。
同年12月には鈴木惣一朗(ワールドスタンダード)との季刊限定ユニット“ESTACION(エスタシオン)”を結成。
1stアルバム『少女歳時記〈冬〉』をリリース。
そして、2016年4月から6月にかけて自身初の春のツアー『南壽あさ子弾き唄いワンマン “flora” tour 2016』を開催し、全国16カ所を完走する。
同年7月には所属レーベルをヤマハミュージックコミュニケーションズへと移籍し、3ヶ月連続で配信限定シングルをリリース。
9月28日ヤマハ移籍第一弾シングルとなる『flora』をリリース。この曲が累計200万本を超える大人気RPG「アトリエ」シリーズの最新作『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』のオープニング・テーマ曲に抜擢される。
2016年11月 ESTACIONとして2ndアルバム『もうひとつの冬』をリリース。
2017年6月映画監督・石川寛とのコラボレーション作品 Blu-ray+Photobook『ピクチャレスク』をセブンネットショッピング限定で発売。
さらに同日、ロサンゼルスでボーカル・レコーディング&ミックスを行った配信シングル「勿忘草の待つ丘」をリリース。
2017年8月9日、待望の2ndアルバム『forget me not』を発売。ジャケットイラストは大人気絵本作家の酒井駒子氏による描き下ろしで注目が集まっている。

その他にない声の魅力が支持され、積水ハウスシャーメゾンのCM「積水ハウスの歌」の歌唱、アステラス製薬の企業CM「臓器移植をしたきみ」ナレーション、東京ガスの企業CM「あなたとずっと今日よりもっと・エネルギーのうた」を担当するほか、韓国・NCSOFTが運営する大人気MMORPG「ブレイドアンドソウル」の挿入歌や、防災・防犯アプリ『ココダヨ』にCMソング「ここだよ」を提供するなど、幅広いジャンルで活躍している。

http://www.nasuasaco.com