mysound 2017年12月度推薦作品

『BB1(24bit/96kHz)』
Jazztronik

配信サイト推薦コメント

野崎良太が率いる、特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロジェクトJazztronikの新作は、全曲ビッグバンドアレンジの企画作品。2014年から毎年年末にビッグバンドライブを開催してきたこともあり、待望の音源リリースとなります。
ハイレゾで聴くと、管楽器の息づかいまで聴き取れる解像度の高さや、音の奥行き・広がりが素晴らしく、まるでその場にいるような臨場感でビッグバンドの最大の魅力であるその迫力を感じることができます。トランペットの鋭いアタック、サックスのテクニカルなフレーズや、曲とともにダイナミックに展開するドラムなど、ひとつひとつの楽器を追いかけて聴いてみても良いのではないでしょうか。全編を通してメロディもキャッチーで、普段ビッグバンドのサウンドに触れる機会の少ない方にもオススメです。

配信日

2017年12月21日

配信ページ

http://mysound.jp/hires-album/191186/

プロフィール

Jazztronik

Jazztronikとは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プ ロジェクト。ジャンルに縛られない数々の作品のリリースし、アーティスト、ピアニスト、作編曲家として確固たる地位を築いている。 ’’箱根彫刻の森美術館40周年記念音楽’’に3rdピアノソロアルバム「bird of passage」 の収録曲が、映画「死刑台のエレベーター」の主題歌に「ベットタイムストーリー feat.YUKI」が抜擢された他、2011年1月に発売されたLEXUSのコンパクトハイブリ ットカー’’CT200h’’のナビゲーター’’世界でも活躍する新進気鋭の音楽家’’として WEB、雑誌広告等で大量露出される等、多方面からオファーが絶えない。
映画「宮城野」、ドラマ「未来講師めぐる」、「Love Game」、「Real Clothes」、 「逃亡弁護士」、「鴨、京都へ行く」、「First Class」等の映画、ドラマ音楽も数多 く担当し、クラシック、Jazz、クラブミュージックだけにはとどまらない独自の音楽 性は増々進化し続けている。 サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとしても数多のアーティス トとコラボレーションを重ねており、葉加瀬太郎、TRF、クリスタル・ケイ、ゴスペ ラーズ、山崎まさよし、椎名林檎、Coming Century、島谷ひとみ、flumpool等 ・・・例を挙げると枚挙に暇がない。
海外では12″シングル「Dance with me 12″ver/SAMURAI」がDanny Krivit, Louie Vega 等の多くのトップDJに支持を受け、Chez musicより12inch Single「SAMURAI-侍」 がアメリカ及びヨーロッパ各地でリリースされスマッシュヒット。世界一のダンスミ ュージックレーベルDefectedの大ヒットMix CDシリーズ「In The House」を日本人ア ーティストとして初リリースし、全世界のダンスミュージックファンを魅了。ロンド ン、マンチェスター、NY、パリ、エジンバラ、ローマ、フィンランド、スロバキア、 エストニア、リトアニア、クロアチア、アイルランド、韓国、上海、シンガポール等 でライブ、DJ、Southport Weekender、Kaunas Jazz、Jazzakarr Fess等の海外人気 フェスにも招聘され大好評を得た。
DJとしてロングランパーティー”Jazztronica!!”を全国各地で開催する他、音楽カルチャープロジェクトMusilogue(ムジログ)を立ち上げる等活動は多岐に渡る。
2013年に自身のレーベル七五三Recordsを立ち上げこれまでに「Jazztronik Studio Live Best」、「Cinematic」をリリース。2016年はオリジナルフルアルバム「Keystone」、セルフRemixアルバム「Private Edits」、2017年はピアノ、ベース、バイオリン、チェロ、アコーディオン編成に新バンド野崎良太 with GOODPEOPLE名義でアルバム「GOODPEOPLE」を葉加瀬太郎氏のレーベルHATSよりリリースした。

http://jazztronik.com