2017

レコチョク 2017年12月度推薦作品

『逆輸入 〜航空局〜(24bit/96kHz)』
椎名林檎

配信サイト推薦コメント

様々なアーティストへの提供楽曲セルフカバー集第二弾。ジャズ、ポップスからロックまで、作詞作曲家『椎名林檎』の懐の深さが堪能できる。この作品のように、J-POPというような単純なカテゴリーに収まりきらない幅の広い音楽には、ハイレゾが最適だ。クラシカルなストリングスからジャジーなブラス、ロックなエレキギター等々、多種多様な楽器の音色は冴えわたり、曲ごとにその彩りを表現してくれる。さらに、1曲ごとに万華鏡の如く様変わりする複雑な歌唱表現を鮮やかに再生して行く様には、ハイレゾに潜む無限の底力さえ感じられる。このアルバムのように“幕の内弁当”のようなバラエティーさを持つ作品こそ、ハイレゾで味わいたい!
(レコチョク 実川 聡)

配信日

2017年12月6日

配信ページ

http://recochoku.jp/album/A1009069045/

プロフィール

椎名林檎

1998年デビュー。1stアルバム『無罪モラトリアム』、2ndアルバム『勝訴ストリップ』が共にミリオンセラーを記録。
2004〜2012年は東京事変の活動も並行。
映画「さくらん」、舞台「エッグ」「三人吉三」の音楽制作、TVドラマ「カーネーション」「ATARU」「○○妻」他主題歌を手掛けるなど多角的に活躍。SMAP、TOKIO、石川さゆり、真木よう子を始めアーティストへの楽曲提供/プロデュースも精力的に行っており、2014年に提供楽曲ばかりを収録した初のセルフカバーアルバム『逆輸入 〜港湾局〜』をリリース。同年6月ワールドカップ開催に際してのオファーに応えNHKサッカーテーマソング「NIPPON」を発表。11月には5年半ぶりとなるオリジナルアルバム『日出処』をリリースし、アリーナツアー「林檎博’14 -年女の逆襲-」を開催。
第31回 日本アカデミー賞 優秀音楽賞、平成二十年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

http://www.universal-music.co.jp/sheena-ringo/